レースドライバーシリーズ一覧&対応機種一覧

店員Kです!

店員Kはよくレースゲームをプレイします。
最近では巻き戻し機能が搭載されているレースゲームも
多くなりましたね^^

一人プレイ時は、ミスすると少し面倒(?)だったりするので
あの機能は個人的には嬉しいところです。

そんな巻き戻し機能を始めて味わったのが
プレイステーション3ソフトの
レースドライバーグリッド。

今回はそのレースドライバーシリーズの一覧を書いていきます!


どんなシリーズ?


コードマスターズより展開されているオンロードの
レースゲームシリーズです。
同社のDiRTシリーズがオフロード中心、こちらが
サーキット中心のゲームです。

シリーズ一覧


レースドライバーシリーズの一覧を書いていきます!

・TOCA Race Driver 2:Ultimate Racing Simulator
プレイステーション2、PSPで発売
※XBOX版は海外のみ発売。日本では発売されず。

・TOCA RACE DRIVER 3
プレイステーション2、PSPで発売
※XBOX版は海外のみ発売。日本では発売されず。

・レースドライバーグリッド
プレイステーション3、XBOX360で発売

・レースドライバーグリッド2
プレイステーション3、XBOX360で発売

・グリッドオートスポーツ
プレイステーション3、XBOX360で発売

日本では現在のところ、以上となっています。

ちなみに、日本では第1作となる
TOCA RACE DRIVERは発売されていません。
海外でPCに発売されています。

シリーズの今後は?


2014年に発売されたグリッドオートスポーツを最後に
今のところは新作が発売されていません。
DiRTシリーズは発売されていますが、
果たしてレースドライバーシリーズは今後、どうなるのでしょうか?

個人的な感想


巻き戻し機能を始めて味わったゲームなので、思い出深いです。
レースドライバーグリッド、レースドライバーグリッド2、
グリッドオートスポーツを遊びましたが、どれもなかなか
面白い作品でした。

WiiUレンズクリーナー 感想 ~予防のために~

店員Kです!

店員Kの初代Wiiは、レンズの汚れによる
読み取り不良を起こしてしまい、
大乱闘スマッシュブラザーズXのソフトを読み取ることが出来ず、
悲しい思い(?)をしました。

後継機のWiiUになってからも、その時の悲しさを覚えていたので、
WiiUのレンズクリーナーが発売された際には、すぐにそちらを
購入しました(笑)

今回はそのWiiUレンズクリーナーのレビューです。


どんな商品?


任天堂のゲーム機、WiiU用のレンズクリーナーです。
レンズについた汚れを取り除いて、ディスクの読み取り不良を
改善したり、予防したりする効果のあるものですね。

今回は「ふつう」


Wiiのレンズクリーナーは手で持って使うタイプの
かなり特殊なヤツでしたが、WiiUのレンズクリーナーは
普通のタイプでした。
ディスクを入れて、自動でクリーニングするタイプです。

WiiUでクリーニングするならこれ


パーツメーカー製もいくつか見かけましたが、
WiiUのレンズクリーニングをするのなら、
これを買っておけば間違いないと思います。

湿式なので、レンズクリーニングのための
専用液も一緒に付属されています。

効果は…?


店員Kは、読み取り不良が出る前にこれを購入して、
数か月に一度かけていたので、効果は分かりませんが、
発売日に購入したWiiUが、それなりに使っていても
一度も読み取り不良を起こさなかったので、
それなりに効果はあったのではないでしょうか。

修理に出すか否か…


もしWiiUでディスクの読み取り不良が起きたら、
修理に出す前に、レンズクリーナーを試してみるのも
良いと思います。
治らなければ無駄金、治ればラッキー…という感じには
なってしまいますけれど。。

総評


持っていると安心!という感じの商品ですね。
店員Kの場合は予防に使っていたので、その効果のほどは
イマイチ分かりませんが、
買ったことを後悔はしていません。

キッドトリップ RUN! スイッチ版登場!他機種版との違いは?

店員Kです!

今週配信のニンテンドースイッチ向けダウンロード専売
ソフトの中に、見覚えのあるタイトルが…。

その名が「キッドトリップ RUN!」。
確か少し前にニンテンドー3DSで配信されていた気がします。

まぁ…両方持っている人ならスイッチ版の方が
家でも外でもできますから便利かもしれませんね。

今回はニンテンドースイッチ版の
キッドトリップ RUN! について書いていきます!

214.png

どんなゲーム?


謎の島に不時着した主人公「キッドトリップ」を操作して
ステージをクリアしていくタイプのアクションゲームです。
昔ながらのシステムが、どことなく懐かしい感じに見えます!
ニンテンドー3DSでも配信されていましたね^^

オートランで走る!


主人公のキッドトリップはオートランで走るみたいです。
ジャンプで敵を避けたり、石を投げて敵を倒したり…
移動が自分で出来ない分、なかなか過酷な内容になりそうです。

ステージは?


ステージは4つのワールド、20のステージが用意されているようです。
一つ一つのステージがどのぐらいの密度かにもよりますが、
この価格であれば、十分な量ではないでしょうか。

選べるレベル…


自分の腕前に合わせて難易度の調節も可能みたいですね。
「ウォーク」「ダッシュ」「ハードコア」の3種類から
選べるのだとか。
苦手な人でも安心な難易度に…なるのでしょうか?

スイッチ版の違いは?


追加要素だとか変更点はないみたいですね。
先に配信されたニンテンドー3DS版と同内容のようです。
ただし、スイッチでの配信なので、スイッチの特性による
違い(テレビでプレイできるとか)はあります。

対応情報


ニンテンドースイッチPROコントローラーに対応しています。
また、TVモード、携帯モード、テーブルモードでのプレイが可能です
対応言語は日本語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語と
なっているみたいですね。

個人的な一言!


据置派の人間なので、こうやって、3DSのソフトが据置機としても
使えるスイッチに出てくるのは嬉しいことです。
まぁ…店員Kは買いませんけれど(汗)