チームバチスタ3 アリアドネの弾丸 感想 ~2の方がよかった?~

店員Kです!

医療ドラマ。
店員Kのよく見る部類に入るジャンルです。

店員Kは入院経験はないので、
今のところ大病院はあまり身近な存在ではありませんが、
ドラマとして見るとなかなか面白いです^^

個人的には重々しい医療ドラマが好物です(笑)

今回は医療ドラマの一つ、
チームバチスタ3 アリアドネの弾丸 のレビューを
書いていきます!


どんなドラマ?


チームバチスタの栄光シリーズの第3弾。
2011年7月から2011年9月に放送されたドラマで
全11話が放送されました。小説を原作としている作品です。

医療ドラマ…?


一応医療ドラマなのですが、サスペンス色が強く、警察も絡んできて、
真犯人は〇〇~みたいな展開もあり、
ちょっと普通の医療ドラマとは違う雰囲気です。
刑事ものもよく見るので個人的には気になりませんでしたが(汗
「2」は純粋な医療ドラマだった気がしますけど、
大分雰囲気が変わりました…

真犯人探し…


事件の真犯人探しが始まるなど、今までとは違う雰囲気。
高橋克典さん演じる斑鳩さんが良い味を出してましたね…。
結局、彼は犯人ではなく、別の危険人物が犯人だったのですが(汗)
それにしてもずいぶんと雰囲気は変わりました。。

コンビ


主人公二人のコンビはいつも通りな雰囲気でしたね。
「2」の西島さんのイメージが強くて、彼が居ないと
物足りないような雰囲気も感じますが、ドラマとしては
今回のも面白かったとは思います

店員Kはこれで最後…


店員Kが見たのはこの「3」で最後でした。
「4」も第1話だけ見たのですが
「もう良いか…」と何故かなってしまったので
それ以上は見ることはありませんでした
(確か映画もやってましたね!)

視聴率


視聴率は10パーセントちょっとの回が多かったようです。
1度も10パーセントを切っていないので安定した視聴率
ではありましたね。
ただ、平均視聴率はわずかではありますが、前回より下がっていました。

総評


サスペンス系ドラマも個人的には好きなので、
そのあたりの要素も含めて楽しめました。
ただ、純粋な医療ドラマが見たい方には退屈かもしれませんね

この記事へのコメント