チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 感想 ~一番好き~

店員Kです!

医療ドラマは色々見ますが
シリーズ化していくうちに飽きてしまうものも…

やはり定期的に新しいシリーズに切り替えした方が良いのかも
知れませんね。

チームバチスタの栄光シリーズもそんな作品の一つ。
2が一番好きで、3もそこそこ見ましたが、4は途中で止めました…

なんか、飽きてしまうんですよね(笑)
今回はチーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋のレビューを
書いていきます!


どんなドラマ?


2010年4月から6月の間に放送されたドラマです。
ドラマ第2弾で、田口と白鳥のコンビを中心に、西島さん演じる
速水も絡み、色々な人間ドラマが展開されていきます

速水…


天才的な医師…
しかし、あのペロペロキャンディーを舐めているのは
笑えますね(笑)
店員Kもあのペロペロキャンディー丸ごと買いたい(笑)

西島さんの演技もお上手で、印象に残るキャラクターでした。
3に居なくて(少し出ましたが)少し寂しい印象だったぐらいです

一番医療ドラマっぽい…


チームバチスタシリーズは医療ドラマっぽさがあまり無い
シリーズもありますが「2」は結構医療ドラマっぽい
展開でしたね^^
3とかは推理要素が多く、医療系ではあまり無い雰囲気なので。。

個人的には一番好き


店員Kはこの「2」と続編の「3」、あと「4」を少しだけ
見ていますが個人的にはこの2が一番好きですね。
ドラマとしてバランスが取れていたような印象なのですが、
世間的にはどうなのでしょう?

視聴率


視聴率は10パーセント前半台で固まっている感じですね。
大きく爆発することもなく、崩れることもなく。
良い感じなのではないかと思います。
最初に見た人が安定してそのまま最終回まで見ていた、
ということの表れなのではないでしょうか。

総評


個人的にはチームバチスタシリーズで一番好きな作品でした。
西島さんの存在感も大きかった印象ですね^^
次に好きなのは3です。4は飽きて途中で止めてしまったので…

〇シリーズ関連記事はこちら!〇
・チームバチスタの栄光3 アリアドネの弾丸 感想

この記事へのコメント