ドンキーコングトロピカルフリーズ ステージ内での収集物

店員Kです!

WiiUで2014年に発売されて、
2018年にニンテンドースイッチで発売された
ドンキーコングトロピカルフリーズ。

基本的には横スクロールのアクションゲームですが、
ステージ内に収集するものなどもあり、
やり込み要素の多い作品になっています。

今回は、そんなドンキーコングトロピカルフリーズの
やり込み要素についてご紹介していきます


ステージごとの要素


ステージごとに、収集要素としてパズルピースとKONGパネルの
収集があります。他、タイムアタックモードによるメダル、
ハードモードクリアによる要素など、各ステージごとに
たくさんの要素が詰め込まれています

パズルピース


各ステージごとに複数のパズルピースが隠されています。
全て集めると、ギャラリーのイラストが解放されます。
5~9枚ほどステージに隠れています。スコークスを使えば
隠し場所のヒントをゲットできます

KONGパネル


各ステージに4つ(1セット)隠れています。これを
全て集めると、ワールドごとに隠しステージが出現します。
隠しステージにはKONGパネルは配置されていないので、
集める必要はありません

タイムアタック


各ステージクリア後に各ステージで挑戦できるようになります。
クリアしても、特に達成度などには影響しませんが、
メダルを各ステージでGETすることができます
メダルは金・銀・銅と用意されています

ハードモード


ワールド7クリア後に出現します。クリアすると、
ステージのマスが緑になるほか、ステージ上には
青いコングパネルが出現し、それを集める要素も楽しめます。
青いコングパネルは集めてもご褒美はありません

まとめ


色々な収集要素が存在するドンキーコング
トロピカルフリーズ。各ステージをがっつり楽しむことが
できるので、歯ごたえのある横スクロールアクションゲームを
楽しみたい方にはおすすめです!

Wiiスポーツクラブ 関連商品まとめ 攻略本&サントラ情報

店員Kです!

Wiiスポーツ。
Wii時代、大ヒットしたゲームソフトで、

続編のWiiスポーツリゾートもミリオンセラーを達成したシリーズです。

しかしながら、その続編の
WiiUで発売されたWiiスポーツクラブ。

これは全くと言っていいほどヒットせず、
厳しい結果に終わってしまった作品です。

今回はWiiスポーツクラブの関連商品をご紹介します


発売機種


WiiスポーツクラブはWiiUで発売されました。
ダウンロード形式で先に発売されて、
後からパッケージ版が発売されたかたちになりますね。
ダウンロード版は特殊な販売形式でした

本体セットも…


WiiUとの本体セットも発売されていました。
本体セットには全ての種目が入っているわけではなく、
一部種目が入っているかたちになります。
本体をこれから買う人におすすめのセットです

攻略本は?


Wiiスポーツクラブの攻略本は発売されていません。
Wiiスポーツシリーズは、攻略本は、発売されていませんので、
Wiiスポーツクラブも発売されていない、という状態ですね。
まぁ攻略よりも感覚で、遊ぶような感じのゲームですが。

サントラは?


WiiスポーツクラブのサウンドトラックCDは
発売されていません。サウンドトラックも、
Wiiスポーツシリーズは、発売されておらず、
クラブのCDも発売されていませんでした。

サウンドテストは?


ゲーム内にサウンドテストはあるのかどうか。
これも、残念ながら存在しません。
ゲーム内で実際にBGMがかかる場所に行って、
そこで聞くしかありません

まとめ


関連商品はこのように、ほとんど発売されていません。
Wiiスポーツシリーズは、元々は大ヒットしていた
シリーズですが、このWiiスポーツクラブは、残念ながら
ヒットすることはありませんでした。

SPACE INVADERS GET EVEN 逆襲のスペースインベーダー 感想 ~敵側で~

店員Kです!

スペースインベーダーシリーズ…
地球を守るためにインベーダーを撃墜していく
ゲームソフトですが、
敵側になって侵略していく、という
異色の外伝作品も存在しています。

それが、Wiiのダウンロード専売ソフトとして
配信されたソフト
「SPACE INVADERS GET EVEN 逆襲のスペースインベーダー」です。

自分がインベーダー側になって侵略していく、という
かなり変わったタイプの作品です。

今回はこちらの感想を書いていきます!

471.jpg

どんなゲーム?


いつもは撃退されるばかりのインベーダー側になって
地球側の兵器を破壊していくタイプのゲームです。
ゲームルールもいつもとは異なるので、かなり違う雰囲気の作品になっています
ダウンロード専売なので、パッケージ版はありません

インベーダーになる!


インベーダーになって侵略する、という内容なだけで
なんとなく笑えて来ます。いつもは、逆ですからね…
個人的に敵側を操作できるゲームは珍しくて、好きなので
この作品も、迷わずダウンロードしました

ゲーム性は別物


スペースインベーダーのタイトルではありますが、
ゲーム性としてはスペースインベーダーというよりかは全くの別物、
という印象を受けます。感覚としてはインベーダーが主人公の
別ゲームを遊んでいる、という感じでしょうか。

人間側の会話…


人間側の会話もなかなか楽しめます。
真面目に地球を防衛するつもりがあるのか?みたいな感じの会話ですが、
なかなか面白い会話もあるので、ゲームとしてはアリだと
個人的には思います(世界観に合うかは別として…)

ばら売り…?


販売形式は個人的には微妙です。
購入しただけでは全てのステージは遊べず、さらに課金させる
スタイルなので、あまり好きな販売形式ではありませんでした。
途中まで課金して、やめてしまいました笑

総評


インベーダーシリーズの外伝作品の一つとしては
十分にありな作品だとは思います。
しかしながら、やはり本編の方が面白いかなぁ、とも思いましたね。
販売形式は、個人的にはかなり微妙でした。