クーロンズゲートVR Suzaku どんなゲーム?

店員Kです!

10月の最終週もたくさんの新作が出ますね^^
店員Kも1本購入予定。

ちなみに、11月以降は現時点では
ゼノブレイド2と龍が如く極2を購入予定です。
(地球防衛軍5はゼノと被ったのであとまわしかも…)

今年は年末までプレイするゲームには困らなそうです!

さて、今回は来週配信されるゲーム、
クーロンズゲートVR Suzaku について書いていきましょう!

183.png

どんなゲーム?


プレイステーションで発売されたソフト、
クーロンズ・ゲート九龍風水傳の世界の一部分をVRで体感できるという
体感型のソフトになっていますね。

当時のスタッフが…


当時のオリジナル版のスタッフなどを中心として
ゲームは制作されたようです。
また、新アレンジ曲と新曲なども収録されているようですね。
クーロンズゲートファンにはたまらない作品なのではないでしょうか。

散策できる


オリジナル版の数か月前が舞台になっているようです。
作中の陰界のクーロン城の龍城路、クーロンフロントを、自由に散策
することができるみたいですね。
VRならではの発見もあるのだとか。

世界観を忠実に再現


オリジナル版の世界観を忠実に再現しているようです。
当時のオリジナル版スタッフが携わっているので完成度は
高そうな印象ですね。
プレイステーションVRとの相性もよさそうです。

VR専用タイトル


こちらのソフトはプレイステーションVR専用のタイトルに
なっています。なので、プレイステーションVRが無いと
遊べません。
しかし”必須”の表記が公式サイト上ではかなり小さいので
分かりにくいですね(笑)

個人的な一言!


店員Kはクーロンズゲートを遊んだことがないので、
わかりませんが、遊んだことがある人には心を揺さぶられる
ソフトなのかもしれませんね^^
ちなみに、値段はかなり高い印象です。4000円越え…。

新作ソフト売上結果2017/10/09~10/15 ~やはり微妙~

店員Kです!

10月第2週の売上結果が出ましたね。
先週の新作ソフトたちの売上はどうだったのかを
早速見ていきましょう。

第3週からはなかなか豪華ですが、
第2週までは苦しかったですね…

一番売れたのは?


今週、一番売れたのは、
シャドウオブウォーのプレイステーション4版でした。


売上は2万3046本。なかなか売れましたね。
予想は1万本ちょっとでしたがそれを遥かに超えました。
XBOXONE版はランク外ですが…まぁ、仕方がないことですね。

他の新作は?


それでは他の新作たちの売上についても見ていきましょう。
今週は微妙な感じが多いですね。

・ロストスフィア
売上…13831本(PS4版・7269本 スイッチ版・6562本)
店員Kの予想は合計5万本でしたが、全然ダメでしたね…
ところで最近他機種と同時発売でもスイッチ版は結構売れてますよね。
WiiUの時とは大違いです。

・V! 勇者のくせになまいきだR
売上…4698本 予想…5000本前後
これは的中でした。VR系メインのソフトはこのぐらいが限界でしょう。

・デートアライブ 凜緒リンカーネイション HD
売上…3023本 予想…5000本前後
HD版ですし、ジャンルがジャンルですし、こんなものかも
しれませんね…。

・吉原彼岸花 久遠の契り
売上…2258本 予想…3000本がやっと
まぁ…予想よりも低かったですが買う層が限られているので
これが現実ですね。。

この週のまとめ


シャドウ・オブ・ウォーは健闘しましたが他はかなり微妙な印象でした。
やはり、大作ソフト不在だと現時点では厳しいですね。

相変わらずイカ2が売れているあたり、イカの強さを
改めて感じる次第です(笑)

次の週は?


次の週は4大中堅タイトルの戦いですね。
グランツーリスモSPORT、サイコブレイク2、巨影都市、
いただきストリート。
果たしてどれがトップに立つのか楽しみです。

スペースインベーダー インフィニティジーン 感想 ~独特~

店員Kです!

スペースインベーダーシリーズ。
店員Kが生まれる遥か前から存在する人気ゲームです。

昔はインベーダーハウスなる喫茶店(?)などもあったみたいですね…
店員Kは実際のインベーダーハウスを見たことはないですけれど…。

今回はそんなスペースインベーダーシリーズの一つ、
スペースインベーダーインフィニティジーンの感想を書いていきます。

182.png

どんなゲーム?


スペースインベーダーシリーズの一つで、常に進化していく
インベーダーとして発売された作品です。
レトロスタイルのインベーダーから、どんどん進化していく過程を
楽しむことができます

もはやインベーダーではない?


スタートこそ普通のインベーダー風ですが、
ゲームのテーマ通り、どんどん進化していきます。
途中からは最早インベーダーではなく、
インベーダーが敵として登場しているだけの
「縦スクロールシューティングゲーム」と化しています(笑)

かなり独特


世界観はかなり独特な感じですね。
結構、人を選ぶ感じかもしれません。
店員Kも最初は「変な世界だなー」と慣れるまで違和感を感じたぐらいですし
人によって受け入れられない可能性も・・・

ステージ


ステージは結構豊富に用意されていますし、ランダムにステージを
生成するようなモードもあるので、シューティングゲーム好きで
あればなかなか楽しめる作品だとは思います。
まぁ、似たようなステージも多いのですが。

他のモードも…


音楽ファイルからステージを自動生成するモードや、
全99のチャレンジステージに挑むモードなど、豊富なモードが
用意されています。結構やりごたえはある感じですよ。

リアルタイムランキング


店員Kはだいぶ経ってからダウンロードしましたし、
普段ゲーム中、あまりオンラインに接続していないので
あまりランキングは気にしませんでしたが
リアルタイムでランキングを表示できるそうですね。

総評


なかなか良いゲームだったとは思います。
確か店員Kの記憶が正しければ今のところは、
このゲームがスペースインベーダーの最新作だったような気がします。

○スペースインベーダー 関連記事はこちら!○
・スペースインベーダー(ファミコン)感想
・スーパーファミコン版 スペースインベーダー 感想
・THEインベーダー 感想
・スペースインベーダーX 感想
・スペースインベーダーエクストリーム(PSP)感想
・スペースインベーダー アニバーサリー 感想
・スペースインベーダー ギャラクシービート 感想